院長ブログ|中央区銀座で動物病院をお探しの方は銀座ペットクリニックまで

〒104-0061 東京都中央区銀座7-14-15-1F

診療時間・勤務医表
診療時間
10:00〜13:00
16:00〜19:00
勤務医師 笹井 笹井 五十嵐 笹井 笹井
※手術は13:00~16:00 休診日:火曜・水曜・祝日
>>臨時休診などのお知らせは新着情報をご覧ください。
グループ病院
芝浦ペットクリニック
北千束動物病院
  • 電話
  • メニュー

院長ブログ

新たなフィラリア予防薬、ワクチンタイプ登場!

2017年4月28日

春は狂犬病の予防接種のシーズンです。
毎年1回の予防接種は、法律で定められた犬の飼い主の義務。
幸い日本は、1957年を最後に、国内での発症例はありませんが、
海外では、毎年6万人近い人が命を落としている恐ろしい病気です。
国際交流が盛んな現代。
いつ、日本に病気が再上陸するか、非常に危険な状態です。
愛犬の、そして、周囲の人々の命を守るため、
必ず年に1度の接種をお忘れになりませんよう。

 

また、この時期は、フィラリアやノミ、ダニの駆除にも
注意をし始めなければならないシーズンです。
今でもフィラリア予防には、毎月1回の投薬が一般的ですが、
実は、近年、1回の注射で1年間のフィラリア予防ができる
「プロハート12 ゾエティス」という新薬が登場しています。

 

フィラリア薬

 

これは、米国ファイザー製薬社製のお薬。
海外で10年以上。日本発売からも3年が経過し、安全性も確認済みで、
オーストラリアなどでは、すでに主流になっている予防法です。

 

お薬を飲んでくれない子や、フィラリア薬で下痢をする子、さらには
「あれ? 今月、飲ませたっけ? まだだっけ?」
などの飲ませ忘れの心配がないのもメリット。
効果は1年間継続しますので、4月の混み合う時期を避けることができるのも利点です。
お正月や、クリスマス、あるいは愛犬の誕生日など、
毎年、接種する季節を決めておけば、問題もありません。

 

当クリニックでは、特に小型犬の接種が多いですが、
お仕事がお忙しい飼い主さまにも、オススメのワクチンです。
ちなみに費用は、5kgまでが7500円、10kgまでが9000円。
選択肢のひとつとして、一度、お考えください。

 

さて、そんな予防接種シーズンの大忙しに加え、
今週は、骨折の手術や眼科の手術も加わり、正直、僕もクタクタでした(笑)。
そんな時の僕のリフレッシュ方法は、大好きな銭湯に行くことです。

 

オススメは武蔵小山の清水湯さん。
ここは、東京都内でありながら、ミネラル、イオン分が豊富な黒色のお湯と、
深さ1500mの大深度から湧出する黄金色の2種類の天然温泉が楽しめる銭湯。
露天風呂や岩盤浴、ジェットバス、サウナなど、スーパー銭湯並みの設備が、
460円の普通銭湯料金で楽しめる、穴場中の穴場です(笑)。
お近くにお越しの際は、みなさまも是非!

ページトップへ