院長ブログ|中央区銀座で動物病院をお探しの方は銀座ペットクリニックまで

〒104-0061 東京都中央区銀座7-14-15-1F

診療時間・勤務医表
診療時間
10:00〜13:00
16:00〜19:00
勤務医師 笹井 笹井 五十嵐 笹井 笹井
※手術は13:00~16:00 休診日:火曜・水曜・祝日
>>臨時休診などのお知らせは新着情報をご覧ください。
グループ病院
芝浦ペットクリニック
北千束動物病院
  • 電話
  • メニュー

院長ブログ

アトピー性皮膚炎を克服した猫ちゃん

2016年10月2日

10月の声を聞いても蒸し暑い日が続いています。
みなさんも、みなさんの愛するワンちゃん、猫ちゃんも、元気にお過ごしですか?

 

今日は、アトピー性皮膚炎を克服した猫ちゃんの症例をご紹介したいと思います。
来院したのは、長毛ミックスの5歳の女の子。
痒がって、自分で身体中を舐め、せっかくの美人猫さんが
写真のように、足や腹部に酷い脱毛を起こしていました。

 

%e7%8c%ab%ef%bc%92

 

アレルギー検査をすると、アトピー性皮膚炎であることが判明。
アトピー性皮膚炎には、スイスのノバルテイス社が販売している
免疫抑制剤のアトピカが有効なので、すぐにお薬を処方したのですが、
困ったことに、この猫ちゃん、お薬が大嫌いだと言うんです(苦笑)。
液体のお薬ですが、なんとか飲ませようとする飼い主さまも、
なんとか逃げようとする猫ちゃんも、ほとほと疲れはててしまったご様子。

 

そこで、治療方針を再考。
人間のアレルギー治療でも使われる舌下減感作療法に切り替えることにしました。

 

具体的には、アレルギー検査で、花粉や食物など、92項目を測定し、
陽性反応が出た39品目のエキス液を低濃度に希釈したスプレー液を
米国のスペクトラム社にオーダーメイドで作ってもらう――という方法です。

 

%e6%b8%9b%e6%84%9f%e4%bd%9c%e3%82%b9%e3%83%97%e3%83%ac%e3%83%bc

 

液体のお薬には拒否反応を示した猫ちゃんも、
スプレーを、1日1回、舌下にスプレーするだけなので、
なんとか、お薬を受け入れてくれました。

 

そして、治療を開始して6か月後の写真がこちらです。

 

%e7%8c%ab%ef%bc%96%e7%8c%ab%ef%bc%95

 

どうですか?
見事に全身に毛が生えて、フサフサ、ふわふわの
本来の彼女が持つ、かわいらしい姿を取り戻していますよね?

 

減感作療法は、いわゆる「毒をもって毒を制す」治療法。
長所は、投薬が楽で、薬のような副作用が少ないナチュラルな治療法であることです。
短所は、毎日、根気よく投与を続ける必要があることで、効果に時間がかかること。
そして、稀ではありますが、皮毛は生えても、痒みが残ることがある点です。

 

また、今回の猫ちゃんには、タイミングが合いませんでしたが、
実は、アトピー性皮膚炎に関しては、
2年前にファイザー製薬が欧米で発売したアボキル錠というお薬が、
日本でも、今年の8月から処方できるようになった――という最新ニュースも。
投薬後、1時間ほどで痒みと赤みを抑える即効性は、
苦しんでいるワンちゃん、猫ちゃんを、即座に楽にしてあげられる朗報です。

 

それにしても、今回の猫ちゃんの回復ぶりには、目を見張るものがありました。
どこかに、僕の頭髪も、猫ちゃんようにフサフサにしてくれる方法はないものか――。
ちょっと、うらやましく感じてしまいました(笑)。

 

箱根日帰り温泉の旅

2016年9月24日

秋の連休、シルバーウィークも終りましたが、
みなさま、どんな休日を過ごされましたか?
秋分の日、僕は家内と2人で、箱根日帰り温泉の旅に行ってきました!

 

残念ながら、天候は大雨(笑)。
でも、雨露に濡れた木々は、また、格別のおももちがあり、
これはこれで一興でした。

 

最初に向かったのは仙石原にあるポーラ美術館。
印象派の絵画で有名な美術館です。
やはり、一流のものをみると心が洗われますね。
僕も、一流の芸術作品のような診察、手術をしなければ、と心を新たにしました。

 

4

 

ランチは、箱根小涌園の「蕎麦 貴賓館」で「大文字会席」を頂きました。
このお店の建物は、大正時代に男爵の別荘として建てられたもので、
国の有形文化財建造物にも指定されています。
素晴らしい調度品に囲まれながら、絶品の蕎麦を堪能しました。

 

8

 

腹ごしらえが済んだあとは、最大の目的の温泉です(笑)。
日帰りとは言え、ユネッサンの「森の湯」で、心身ともにリフレッシュしました。

 

おみやげには、仙石原の相原精肉店の紋次郎牛のローストビーフを購入。
甘くて、柔らかくて、ジューシーで、僕の大好きな一品です!
今回は立ち寄れませんでしたが、箱根グルメの中では、
富士屋ホテルのメインダイニングで購入できる「クラシックカレーパン」もオススメですよ(笑)。

 

1

 

大雨の中(笑)、つかの間の休日でしたが、十分な気分転換ができました。
次回は、家内の希望で、御殿場アウトレットに行くことになりそうです。
家内の買い物中、僕は、箱根で渓流釣りでも楽しむことにしようかな(笑)?

 

犬にとっても、肥満は万病の元

2016年9月18日

先週まで、内臓疾患の症例が続いたので、今回は外科の症例をご紹介しましょう。
訪れたのは、3歳のパピヨンの女の子。
飼い主さまの説明では、
「後ろ足を引きずり、両足ともガニ股で、カニさんのように歩いている」とのこと。

 

診察すると、後ろ足の膝蓋骨が内側に落ちており、それがガニ股の原因とわかりました。
人間で言えば、膝の関節ですが、脱臼してすでに1年以上が経過していると思われ、
すでに、じん帯の委縮が進行。
元の正常な位置に直す整復手術が必要だと判断しました。

 

手術時間は約5時間。膝の関節に歯科用ドリルで丁寧に溝を掘り、
膝蓋骨が内側に落ちないように、写真のようなチタン合金の器具で固定しました。
(写真は、色調を少々調整してあります)

%e8%86%9d%e9%96%a2%e7%af%80%e8%84%b1%e8%87%bc

 

膝の脱臼は、ヨーキー、チワワ、プードル、ポメラニアンなどの小型犬に多くみられます。
症状はグレード1からグレード4まで段階があり、
脱臼しても、自分で関節が入るグレード1からグレード2なら、
手術の必要はなく、張ったスジに鍼灸治療などを行なえば完治します。

 

ただ、グレード3からグレード4にまで進行し、
ケンケンをするような歩行状態になってしまうと、手術の対象になってしまいます。
関節のためにも、体重増加は要注意。
適正な体重、体型を保つことが、予防にもつながります。

 

P.S.

先週、ご紹介した脾臓摘出のフレンチブルドッグの女の子。

病理組織検査の結果は、良性腫瘍でした!

結果を聞いた飼い主さまは大喜び。

ワンちゃんもますます元気になっています!

健康診断は大切です!

2016年9月12日

今回、ご紹介するのは、
「3日前から食欲がなく、お水を異常に飲む」と、
連れてこられた8歳のフレンチブルドッグの女の子の症例です。

 

検査をすると血液が半分程度しかないことが判明。
追加のレントゲンとエコー検査で、
脾臓に直径5cmもの腫瘍があり、そこが出血箇所と判明しました。
すぐに血液のマッチング検査を行ない、
適合するワンちゃんの血液を輸血しながらの手術となりました。

 

開腹してみると、そこには大量の血液が。
結果的には、100ccもの血液が吸引できるほどの出血量でした。
約2時間の手術で脾臓を摘出。
これで出血は止まったので、あとは病理組織検査で、
腫瘍が良性であることを祈るばかりです。

 

%e8%84%be%e8%87%93%e8%85%ab%e7%98%8d%e6%91%98%e5%87%ba

 

昨年、北千束本院での秋の健康検査を受診した約30匹のうち、
2匹から脾臓の腫瘍が、1匹から肝臓の腫瘍が発見されました。
脾臓腫瘍の1匹は残念ながら悪性でしたが、
残る2例は、良性腫瘍だったため、摘出後、今も元気にしています。

 

受診数は年度によって異なりますが、例年、10%程度の割合で腫瘍が見つかっています。
人間同様、動物の腫瘍も、早期発見こそが全快への近道!
そのためにも、できればワンちゃん、猫ちゃんにも、
年1回の健康診断をぜひとも習慣づけてください。

 

当院では、いくつかの健康診断コースをご用意していますが、
6歳未満の若く元気の良いワンちゃん、猫ちゃんの場合でも、せめて
胸部レントゲンと血液検査、尿検査、糞便検査の「かんたんパック」を。
7歳を超えたシニア世代や、若くても体調がすぐれないワンちゃん、猫ちゃんなら、
腹部レントゲンや心電図、腹部エコーがセットになった「あんしんパック」や、
心臓エコー、甲状腺ホルモン検査も加わった「まるごとパック」などがオススメです。

胆嚢摘出で救われたちいさな命

2016年9月3日

今回ご紹介する症例は、急な吐気で来院した10歳のチワワの男の子です。
ひと目見ただけで、黄疸で目と顔が真っ黄色になっているのがわかりました。
エコー検査をすると、胆石が胆嚢で詰まった胆嚢炎と判明。
7日間、入院してもらい、胆嚢炎用の点滴と投薬で危機は乗り越えました。

 

それから1か月――。
飼い主さまの「元気バリバリです!」というお言葉を確認した上で、
胆嚢摘出手術を行ないました。
開腹してみると、胆嚢が破裂しており、肝臓への癒着もひどく、
4時間の大手術となってしまいました。

 

でも、手術の翌日には、ボウルいっぱいのフードをばくばく食べるほどに快復!
飼い主さまも、僕も、ホッとひと安心。
5日後に退院し、今はお家で、元気いっぱい跳ねまわっているそうです。

 

胆石による胆嚢炎は、小型犬のチワワ、ダックス、ポメラニアンなどに多く、
脂肪過多の食事が原因だと思われます。
7歳を過ぎたら、年に1度は血液検査をし、
ALP,胆汁酸が高ければ、X線、エコー検査をオススメします。
多くの飼い主さまは、「犬は肉が大好き」と、ついついお肉をあげがちですが、
予防には、シニア用の食事や低脂肪のアッサリとした食事がオススメです。

 

ちなみに写真は、組織検査のため病理検査センターに送るため、
摘出した胆嚢をホルマリン漬にしたものです。
「胆嚢ガンではなく胆嚢炎である」――という検査結果に胸を撫で下ろしました。

 

摘出胆嚢

下アゴ骨折の治療例

2016年8月26日

さまざまな症例で来院するワンちゃん、ネコちゃん。
中には、外科手術が必要なコも。
当院では、ほぼ毎日、何らかの手術が行なわれています。
日は、最近行なわれた手術の一例をご紹介したいと思います。

 

7月末、来院したのは10歳のチワワの女の子。
飼い主さまの説明では、
食事の時、口がモゴモゴ、あごがガクガクしているとのこと。
診察すると、下アゴの歯根部が腐り、アゴの骨が溶けて、骨折していました。

 
チタンプレート

 

約3時間の手術で、チタン合金のプレートを装着。
3日間、入院してもらいました。
術後、約2か月間は、柔らかい食事が必要になりますが、
すでに抜糸も終り、元気を取り戻しています!

 

これは、普段から歯石取りなど、歯の治療を定期的にやっていれば、
骨折まで進行する前に、防げたと思えるものでした。
愛犬家のみなさま、愛犬の口腔内の健康にも注意を払ってくださいね!

北海道でリフレッシュ!

2016年8月12日

夏休みシーズンの到来ですね。
みなさん、楽しい夏休みをお過ごしですか?

 

銀座ペットクリニックも、8月14日(日)~18日(木)まで、夏期休暇を予定しておりますが、
実は、7月末、僕は、少し早めの夏休みをいただき、北海道の十勝川に釣り仲間とフライフィッシングに行って来ました。

 

朝イチの飛行機で、一路、羽田から帯広へ。
予約1年待ちの腕利きのガイドさんの運転する四輪駆動車で山の中へ向かいます。

大漁に大喜び!

 

 

野生の熊が爪とぎした跡の残る白樺の木の横で、釣り上げたのは43センチのエゾイワナ。
カゲロウの形をした毛針で釣りました。
もちろん、キャッチアンドリリースですが、
その日は、エゾイワナ40センチが3匹も釣れた大漁でした。

 

 

うつくしいエゾイワナ

夜は、フライ釣りの仲間と焼き鳥で釣り談議。
心も体もリフレッシュした北海道釣り旅行でした。

 

帰りには、来年のガイドも予約(笑)。
今から、一年後が楽しみです。

第1回 我が家の動物ファミリーご紹介

2016年8月1日

はじめまして。

銀座ペットクリニックグループ統括院長の笹井利浩です。

今日から始める院長ブログ。

このブログでは、病院での出来事や、元気になった小さな患者さんたちの様子、

そして僕の身の回りに起こった出来事などを、気軽に報告していきたいと思っています。

 

初回となる今日は、ごあいさつがてら、我が家の動物ファミリーのご紹介を。

 

子供の頃から、犬や猫はもちろん、シカやヤギなど多種多様な動物と共に暮らして来た僕ですが、

現在の我が家の最年長は、10歳になる女の子ラブラドール・レトリバーのスィーティーです。

 

ラブラドール・レトリバーのスィーティー

 

色白でつぶらな瞳がチャームポイントの彼女は、イギリス生まれ。

親バカな自慢話になりますが、2006年には、ジャパンケネルクラブ チャンピオンのタイトルを頂戴しました(笑)。

 

スィーティーのお腹にすっぽり収まっているのは、ブラック・スモークのすずまる(オス・5歳)です。

ただの黒猫に見えるかもしれませんが、これも列記としたアメリカン・ショートヘアーの一種なんですよ。

 

7年ほど前、結婚前から飼っていたブラック・スモークの先代猫を亡くし、落ち込んでいた妻のため、

日本全国のブリーダーさんを訪ねてようやく巡り合った運命の子です。

 

 

こはる、オスカー、ぺこちゃん

 

こちらの写真に写っているのは、いずれもアメリカン・ショートヘアーの

こはる(メス・6歳)、オスカー(オス・4歳)、ぺこちゃん(メス・7歳)。

 

シルバータビーのこはるとオスカーは母子。

実は、こはるはCFAのグランドチャンピオンに、息子のオスカーも、チャンピオンに選ばれました。

 

犬と猫。こはるとオスカー以外は、血統も異なりますが、5匹はいつも仲良し。

思い思いの姿で、のんびりくつろぐ彼らの姿に、しあわせを感じる毎日です。

1 2 3
ページトップへ